ヘルニアガイド

ヘルニアガイド

ヘルニアの症状

横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニアというものは、その種類によって症状がまったく異なりますから、その症状をお伝えしていきたいと思います。

まず、外傷性横隔膜ヘルニアであるような場合には、大抵は事故であったり、ケガや打撲といったものとセットになります。ですから、どこからがこの外傷性横隔膜ヘルニアによっての症状であるかというような線引きが、非常に難しくなりますが、その主な症状にはたとえば、呼吸困難であったり、もしくはショック症状であったり、もしくは吐き気であったり、そして嘔吐であるなどといったものが見られるのです。

そして、ボックダレック孔ヘルニアというような症状であるような場合には、その最大の症状というと、横隔膜の動きをこの症状が邪魔してしまうことによって、呼吸困難が起こるということが挙げられます。

胎児の場合は、ずっとへその緒によって酸素を母親から貰っていますから、大丈夫なのですが、出産した後というのは、自分でしっかりと呼吸していかなければいけないので、生まれてすぐの赤ちゃんには、このような症状を起こしてしまうことが多いようです。

そして、お腹にしっかりと上手く空気が入ってこず回りませんから、お腹が通常よりもへこんでしまっている、というのもその特徴となります。

そして、さらに脱出してしまった臓器によって、自分自身の肺が圧迫されることによって、肺の生育不良であったり、もしくは疾患といったようなものを伴っているというようなこともありますから、そのときは緊急処置を行っていくような必要があります。

スポンサードリンク

ヘルニアの基礎知識

ヘルニアの治療方法

ヘルニアの症状

ヘルニアの予防と対策

様々な予防方法

Copyright (C) ヘルニアガイド All Rights Reserved